my blog

Thursday, June 02, 2005

マヌカハチミツ



ギャバ(γ-アミノ酪酸) はアミノ酸の一種です。正式名称のγ-アミノ洛酸(Gamma-Amino Butyric Acid)を略してギャバと言われています。 ギャバは主に人間の脳内に微量に存在する抑制性の神経伝達物質です。ギャバは玄米・紅麹・お茶・野菜・果物に含まれています。特に発芽玄米ではギャバが白米の10倍も含まれます。

オルニチンは、アミノ酸ダイエットで、アルギニンとともにダイエットや美肌に影響を与える成分として話題になっています。アミノ酸の中でもオルニチンは傷ついたお肌を修復する大切な働きを担う成分です。オルニチンをご家族みなさまの健康維持にお役立てください。アミノ酸ダイエットは医薬品ではなく健康食品です。アルギニン、リジン、"_blank">オルニチンはアミノ酸というたんぱく質を分解した栄養素で日常的に摂取しているものであり、これらを含むアミノ酸ダイエットは非常に安全性の高いサプリメントだといえます。また アミノ酸ダイエットは開発から10年以上を経過しているので未だに問題が発生していないことからもアミノ酸の安全性は確立されていると言えます。

★お奨めサイト→ オルニチン



マヌカハチミツとは

マヌカハチミツ「あるある大辞典」でも特集されたピロリ菌を除去し胃潰瘍を治してくれると噂の花ミツです。マヌカはニュージーランドにしか自生していない木で、先住民であるマオリ族は、マヌカをお茶としてよりは、風邪や熱の予防、あるいは傷薬として使っています。それはマヌカハチミツには強力な殺菌性、抗菌性があるからで、彼らはそれを「癒しの木」と呼んでいます。現在マヌカハチミツは外傷や皮膚の炎症の治療、喉の痛み、胃潰瘍に効果があるとして注目されているだけでなく、特に体内のピロリ菌を死滅されるということでさまざまな研究がなされています

0 Comments:

Post a Comment

<< Home