my blog

Wednesday, June 22, 2005

クレアチン&オルニチン

オルニチン(アミノ酸ダイエット)のご紹介です。



オルニチンは、アミノ酸ダイエットで、アルギニンとともにダイエットや美肌に影響を与える成分として話題になっています。アミノ酸の中でもオルニチンは傷ついたお肌を修復する大切な働きを担う成分です。オルニチンをご家族みなさまの健康維持にお役立てください。"#333333">アミノ酸ダイエットは医薬品ではなく健康食品です。アルギニン、リジン、オルニチンアミノ酸というたんぱく質を分解した栄養素で日常的に摂取しているものであり、これらを含むアミノ酸ダイエットは非常に安全性の高いサプリメントだといえます。また "#333333">アミノ酸ダイエットは開発から10年以上を経過しているので未だに問題が発生していないことからもアミノ酸の安全性は確立されていると言えます。

オルニチンとは?



アミノ酸ダイエットは15年以上前のアメリカの研究者によるアルギニン オルニチン リジンなどのアミノ酸の研究から開発されたサプリメント成分です。 アミノ酸ダイエットの商品開発から現在まで、発売当初から10年以上もダイエットサプリメントのベストセラーであり続けています。アメリカで人気No1のダイエットサプリメントがこの"_blank">オルニチンを含むアミノ酸なのです。日本ではアミノ酸ダイエットは某放送局でテレビ放映されて以来、何度も話題となり、アミノ酸サプリメントのさきがけとなったサプリメントです
。今では各食品メーカーから非常に多数のアミノ酸サプリメントが発売されていますが 直接的なダイエット効果を得られるのはこのアルギニンやオルニチンなど数種類のアミノ酸だけを含むサプリメントだけといわれます。その他のアミノ酸サプリメントについては 成長ホルモンの分泌や脂肪燃焼リパーゼの産生を行うというよりは 総合アミノ酸補給サプリメントとして 運動前後に摂取し 筋肉を付けるためのサプリメントという要素が強いのですが、褐色脂肪細胞を活発にして脂肪燃焼を直接に働きかけるのはアルギニンやオルニチンなどの数種類のアミノ酸だけです



オルニチン



アミノ酸ダイエットは医薬品ではなく健康食品です。アルギニン、リジン、オルニチンはアミノ酸というたんぱく質を分解した栄養素で日常的に摂取しているものであり、これらを含むアミノ酸ダイエットは非常に安全性の高いサプリメントだといえます。また アミノ酸ダイエットは開発から10年以上を経過しているので未だに問題が発生していないことからもアミノ酸の安全性は確立されていると言えます。



オルニチンの働き



オルニチンは直接細胞に働きかけダイエットや美肌を応援します。他のアミノ酸は運動する20分ほど前に摂取することで、身体の運動(有酸素運動など)にあわせて働きかけます。オルニチンは運動とは無関係に直接働きかけることで現代人の忙しいストレスからくる問題やダイエット、美肌に働きかけます。オルニチンをご家族皆さんの健康にお役立てください。



クレアチンとは何?

クレアチンはアミノ酸の一種、アルギニン、メチオニン、グリシンから成る物質で、体内では腎臓、肝臓、膵臓で作られ95が筋肉に存在しています。最近の研究では、"#333333">クレアチンの摂取とトレーニングによって体重の増加、それも筋肉のサイズや筋量が増えるという働きが話題になっています。クレアチンのスポーツにおける働きとしては主に、瞬発力を必要とする時ののエネルギー源となるATPを生み出し、筋肉内の老廃物、水素イオン(酸化物質)を掃除してくれ、筋肉疲労の原因である乳酸の生成を抑えることがわかっています。

クレアチン サプリメントを摂ると?

クレアチンが筋肉内に取り込まれ、クレアチンリン酸としてADPにリン酸を与えてATPを再合成します。またクレアチンには乳酸の生成を抑える働きもあるため筋肉疲労までの時間が延び、エネルギーを再び生み出せる状態になるのです。つまり、今まで以上にトレーニング・運動のレベルが上がるわけです。このような運動とエネルギーを調和させ、人体に良い影響をもたらすクレアチンは今、アスリートだけでなく、現代人のストレスからくる様々な問題をも解決してくれる夢のサプリメントなのです。



クレアチンで筋肉が増える?  

クレアチンを1日20g、1週間経口服用すると,筋肉中のクレアチンが約20増えると考えられています。クレアチンでの筋肉増加率は個人差がありますが、炭水化物やタンパク質と共に服用したり、トレーニングを併用することで効率良く増えると考えられています。激しい運動の持続時間は、筋肉内のクレアチンの量に依存すると考えられています。クレアチンの増加に伴い運動機能が上昇、トレーニング効果との相乗効果で筋肉が増加する考えられています。



自然食品でクレアチンをとると・・・

クレアチンは筋肉内に存在する物質です。実は、肉や魚にもクレアチンは含まれているのです。しかし5gのクレアチンを摂取するためには、肉なら約1kg、魚でも約500gも食べなければならないのです。



お奨めサイト→◆健康通販情報エクスプレスクレアチンの詳細はこちら→クレアチン

0 Comments:

Post a Comment

<< Home